最新設備

 創業昭和32年。株式会社林塗装工業所は一貫して最新の塗装設備と最先端の塗装テクノロジーを追求してまいりました。
 当社吉川工場、松伏工場ではタクボエンジニアリング製、安川電機製、川崎重工業製ロボットシステムなど、各種知能化機能を搭載した高性能ロボットコントローラーに制御される高信頼性インテリジェントロボットを導入。熟練者そのままの仕上がりを実現する完成度の高い製品を、低コスト・短納期で生産しています。

クリーンルーム

業界最新鋭の大型クリーンルームを保有。塗装作業はもちろん、準備室での準備作業や大型乾燥炉室での乾燥作業もすべてクリーンルーム内で実施します。
 光潤で高彩な塗装製品をお届けするために、前工程から後工程にいたるすべての工程でほこりやゴミ等によるわずかな不具合も排除します。

主な設備

本社・第1工場 クリーンルーム 2室(乾燥機 準備室含む)
川崎重工業製 塗装ロボットシステム  3基
安川電機製 塗装ロボットシステム 1基
大型水洗ブース 6基
大型乾燥炉 6基
大型エアーブロー除塵除電装置 1基
エアーブロー除塵除電装置 3基
本社・第2工場 静電塗装ライン(100m)(乾燥機含む)
脱脂皮膜処理装置(乾燥機含む)
クリーンルーム 1室 
タクボエンジニアリング製 塗装ロボットシステム 1基
水洗ブース 6基
乾燥炉 5基
エアーブロー除塵除電装置 1基
計測機器 分光測色計 KONICA MINOLTA製 CM-2600-d
光沢計 KONICA MINOLTA製 GM-60
マイクロスコープ KEYENCE製 VH-8000
破壊型膜厚計 ERICHSEN製 518S
非破壊型膜厚計 Kett製 LZ-2002-1